アコギで考える、ミックスごとの処理の違い。

[更新] 新サイトにコンテンツを移転しました。


Mixはクリエイティヴな作業であり、決まった正解はありません。必ず上手くいくセッティングはありません。しかし、なぜ“必ず上手くいく方法”がないのかは感覚的なものではなくて、論理的に説明できます。

  1. Mix"ミックス"は割り算。
  2. 同じ楽器であっても、他の楽器との関わり合いで
  3. その役割が異なってくるので、処理も変わる。

[ 目次 ]

・ミックスに方程式はない?

・音楽における"状況"の違い

・それぞれの処理の方向性

・全て併せて"1"になるように


続きは新サイトにて、お読みいただけます。

miur-us Logには、音楽制作に関する様々な記事があります!ぜひ!



miur-us.com

新たなる時代と新しいサウンドを。

0コメント

  • 1000 / 1000