Soundtoys "Decapitator"を解説する!!

Soundtoysのプラグイン解説として、第一弾は大本命の"Decapitator"!

サウンドやその使い方について、一歩踏み込んだ内容にしています!

いわゆるサチュレーター系、歪み系エフェクターで、このジャンルでは有名プラグインのひとつです。そんな"Decapitator"について、とことん解説してみたいと思います。


使い方としては、音に厚みを持たせる効果もあるにせよ、どちらかというと色合いを付ける、風味を付け加える、というのが主なものになります。素材の味を生かす、調味料みたいな位置付けです。

もちろん強めに歪ませられますが、過激な歪みが欲しい方は別のプラグインを探しましょう。 


アメリカの様々な音楽に

これがホントにそうなんです。アメリカのポップミュージックになくてはならない プラグインの一つじゃないでしょうか。というかSoundtoysのプラグインは大体そうですが。

もちろん世界中で使われているでしょうが、やはりザ・アメリカンサウンドという感じです。

いわゆるアメリカンミュージックにおける、ウォームな歪みサウンドを得るには

これが一番手っ取り早いかもしれません。 ヒップホップにしろ、ロックにしろ、EDMにしろ様々な曲、ジャンルで使うことの出来るプラグインです。 



綺麗なだけじゃ、つまらない。

アナログ機材を音信号が通ったときに起こる音質変化は、本来は起きてはいけないものです。

なぜならマイク等で録って、変換されてきた電気信号は忠実でなければいけないからです。 

デジタル録音が本格化したとき、このようなアナログ機材特有の音の変化、歪みはなくなり、

音は“良くなる”と考えられていました。しかし現実にはそうではありませんでした。

デジタル黎明期においては、それはデジタル技術がまだ未発達であったから、とも言えたかもしれませんが。 


アナログ機材における、いい意味での音変化、歪みというのは音楽的にも人間の耳にとっても、

実際にはかなりいい効果を生み出していたわけです。ここらへんは長くなるので、省略します。


で現在ではデジタルオーディオ技術もかなり成熟してきて、ハイレゾなども含め、

本来のデジタルサウンドのポテンシャルが発揮できるまでになりました。

しかし、それでもなお、アナログ的歪みを求める人々がいて、

このプラグインはそうしたアナログ的な歪みを得るためのものなのです。 


ここで注意が必要なのは、録音される音というのは、原則綺麗であるべきだということです。

汚ければいいというわけではなく、コントロールされた歪みが気持ちいい、ということです。 

他の記事でも書きましたが、いい音にはいろいろあって、場合によっては、多少クリアじゃない方が人間の耳にとってはよく聞こえる場合もある、ということです。



プラグインのサウンドについて

それでは早速、プラグイン本体についてみていきましょう!

そのサウンドは、いわゆるアナログ機材に通したときの音の変化を再現したものになります。

単に歪みだけを再現したプラグインではありません。

真空管、プリアンプ、トランジスター、回路、トランスフォーマーなど各部品による、総合的な働きをモデリング。入力音へのよりリアルでダイナミックな反応までもが、再現されています。


いわゆるパンチ感を与える、というように音が引き立つような質感を与えてくれるわけです。 

そして5タイプSTYLE(スタイル)があります。詳しくは後述しますが、要はこの中から一つえらんで DRIVEのノブを上げる、というのがこのプラグインの主な操作です。 


個人的には、"A"で大体いけますね。色付けがほとんどなく、程よくドライヴする感じがいいです。



その使い方とは?

いろんな楽器、サウンドに使うことが出来ます。

ボーカルを60年代風な質感の音にしたり、ドラム全体をやわらかく歪ませつつ厚みを出したり、ギターを歪ませたり、エレピを歪ませたり。 なんにでも使えますね。あとはDRIVEの調整しだいです。


実際の例を、少し聴いてみましょうか。

ファンク風な曲にしてみました。一番最初の音源がミックス全体のサウンド。

各パートは"Decapitator"だけを純粋にON/OFFしただけの聴き比べになってます。

パート毎の音源は少し音量低めです。


参考音源

  • ドラム :"E"

これが一番わかりやすいですかね。全体が前に押し出され、厚い音に。

スネアとバスドラがいい感じです。低音が付加されるのが、Eタイプの特徴。

  • エレピ :"P"

程よいクランチな歪みが加えられています。いわゆるウォームな感じに。

  • シンセリード :"P"

OFFだと少し薄く耳に痛いですが、Decapitatorでハイを削り、太さも加えました。

Studio One3 付属のMai Taiというソフトシンセですが、こうしたアナログ系プラグインで

音作りをしていくと、アナログシンセっぽい音に十分できると思います。

  • シンセパッド :"A"

同じくシンセパッドは、若干のサチュレーションを加えるにとどめています。



というわけで、わずかな差かもしれませんが、こういうちょっとした味付けが積み重なり、

ミックス全体の勢いであるとか、まとまりにいい効果を出してくれるのだと思います!



タイプごとの違いについて

簡単に図にまとめてみました。 どれがいい、というものではないですが、GUIのより左にあるものの方が、 汎用性は高いと思います。右に行くほどクセが強くなるような印象です。 

左三つは、そもそも歪ませるものではなく、右ふたつは歪ませる用の機材だからだと思います。 


ドラムの時は"E"を使うように意識している程度で、後は聞いた印象で選ぶようにしてます。

やはり大体は"A"で済ますことが多いですかね。  基本的に一番クセがなく使いやすいですかね。

Decapitatorをいろんなトラックに挿す場合は、意識して使い分けるといいのかな、と思います。 

結局は、使ってみないと違いはわかりません。ぜひデモを使ってみることをオススメします!



その他のコントロール類について

LOW CUT & HIGH CUT

まずはフィルターです。 歪ませた場合、低い音高い音をそれぞれフィルターでカットすると、音が締まる場合があります。調整のためだけでなく、エフェクトとしても積極的に使えます。

THUMP

ローカット・フィルターの設定された周波数をブーストします。レゾナンスというよりは、

テープレコーダの特性を再現したもののようです。低域が盛り上がるので注意が必要! 


STEEP

これはHIGH CUT Filterに対して動作します。いわゆるレゾナンスがフィルターに付加されて

よりエフェクティヴな音になります。 個人的にこういう音を狙う場合は、別個にフィルターを用意するので(Soundtoysに専用フィルタープラグインありますし。)基本あまり使いませんね。 


TONE

これはギターのトーンと同じ感じです。全体のトーンを明るくしたり暗くしたりです。 場合によりけりですが、微調整するときに役立ちます。 


PUNISH(パニッシュ)

強めに歪ませるときに使います。 かなり潰れますね!音量には注意です! 


MIX

加工した音(Wet)無加工の音(Dry)を混ぜます。基本100%ですが、強めに歪ませる場合は、程よく元の音を加えることで、音の輪郭を保つことが出来ます。



まとめ!

以上です。シンプルながらも、より細かく調整できるプラグインですが、 

かっこいいと思える音になるよう、直感的に操作するプラグインだと思います。

根本的な音の改善を目的としたプラグインではない、ということだけ注意が必要です。   


飛び道具ではあるので、なくても特に問題はないタイプのプラグインではあるわけで。

しかし一度使い始めたら、これナシのMIXは考えられなくなるような存在だと思います。



miur-us Logには、音楽制作に関する様々な記事があります!ぜひ!



miur-us.com

新たなる時代と新しいサウンドを。

0コメント

  • 1000 / 1000