mixingにおける重要な用語、キーワード!

Mixや音楽制作における様々な用語についての説明をまとめてみました!


必ずしも英語の専門用語にうまく対応した日本語があるとは限りません。

よってそのまま英語を使う場合があります。要するにカタカナ読みです。


そうするとその言葉の意味が、よくわからないままに使ってしまうことになる場合があるので

注意が必要です。今回はmixingにおける、いくつかの重要な用語について説明します。


馴染みのある、和製英語として溶け込んでいるような言葉をカタカナ表記するならまだしも

そうではないものについては、英語表記したほうがいいんじゃね?と個人的には強く思います。

なので基本的には本サイトではそのような用語は英語表記させていただいてます。

それでは重要な用語についてみていきましょう!


Bus

これはその名の通り、まさしくあの乗り物のバスです。

バスとは一つの大きな車をみんなで乗りあう、ということであり、mixingにおいてはつまり複数の信号が一つのトラックを共有するということになり、音の(中途)集合地点です。

中途というのは中間的なBusで、最終的なステレオアウトはmaster busとも言われます。


実際のmixingにおいては、マスター・アウトに行く途中で、楽器ごとなど各グループをまとめるのに利用されます。例えば図のように各ドラムセット、スネアやバスドラなどの各トラックをまとめたDrum busとしてそこでまとめてEQしたり、コンプをかけたりします。

これが所謂Bus Processingとなります。

各トラックごとの処理も大切ですが、bus processingも重要な工程です。


Threshold

スレッショルド、直訳すれば、建物の入り口や、開始地点などを意味します。


mixingにおいては、コンプなどのダイナミクス系エフェクターにおいてその動作が始まる、音量の設定ラインを指します。


このラインを超えなければコンプレッサーは作動しません。thresholdを超えて初めて動作します。

通常は強く弾いた時にコンプが作動するように設定します。

(全ての音に反応するようにはしないのが基本です。)


Transient

”トランジエント”と読みます。


これは適切な訳が難しいですね。直訳すれば瞬間的な、などという意味ですが。

音楽においては、楽器や声が発声するその瞬間に発生する、瞬間的な音成分であり

音の輪郭を構成する上で重要な役割を果たす成分です。


sonnoxtransmodなどのtransient成分そのものを調整するプラグインもあります。



Headroom

よくこの機材はヘッドルームが十分にある、あるいはこのプリアンプはヘッドルームがあまりない、という具合に言われることがあります。


しかしヘッドルームって何でしょう?


”頭部屋”と書くとわけがわかりませんが、要は頭の上の空間です。

天井が低いと、頭との間の空間は少ないので、そのような場所で飛び跳ねると危険です。

頭をぶつけてしまいます。お前んち、天井低いな。って話です。



左の図は飛び跳ねていてもなお十分なヘッドルームがあるので
頭をぶつける危険性がありません。
しかし右の図はどう考えても頭をぶつけてしまうので飛び跳ねる余地はないのです。


デジタルオーディオにおいては、原則音量の最大値は0dBFSであり、

それを超えてはいけません。つまり、天井があるわけです。


その天井をぶち破らないために、コンプやリミッターなどで抑えるわけです。


結局は音をつぶしているわけで潰す度合いが大きければ大きいほどサウンドクオリティは落ちます。

もちろん潰すことによる音響効果を狙っている場合はいいんですけども。

ミックス時点でとりあえずリミッターで潰してごまかす、というような処置はせずに、


各々のトラックの処置をしっかりとして、Head Roomを十分に確保するということが重要になります。ある意味では、怪我防止なのです。


マスタリングにおいて十分な音圧を得るためにも重要です。

マスタリングにおいてもコンプは掛けますが、違和感無く潰せる

範囲というものがあると思うので、必要であるなら、Head Room確保のためにも

トラック単位で掛けていくことが最終的な音圧に繋がっていきます。



miur-us Logには、音楽制作に関する様々な記事があります!ぜひ!



miur-us.com

新たなる時代と新しいサウンドを。

0コメント

  • 1000 / 1000