ハイレゾ音源は意味があるのか?


まず結論から言うと意味はあります。
ハイレゾにふさわしいフォーマットで録音され、ハイレゾに適した
処理をされた音源は、ハイレゾで聴くに値する、ということです。



自分もよく利用している

ハイレゾ音源をダウンロード販売しているe-onkyo musicで興味深い記事が。

このマスタリング再発については、録音当時のアナログマルチテープを大滝詠一氏が、90年代にトラック毎にデジタル化しており、それを最新デジタル機材に取り込み、ミキシングから再構成したというもので、単なるリマスタリングとは又違います。


上記リンクでは、そのハイレゾ化を担当したエンジニアの方のインタヴューが掲載されています。

これ自体も大変興味深いですが、今回はハイレゾ音源について。


ここ数年、巷で話題のハイレゾ音源ですが、果たしてその意味はあるのでしょうか?

上記事でも言われておりますが、必ずしもハイレゾであればよいとは限りません。



そもそもハイレゾとは何か?

CDのフォーマットは16bit 44.1kHzというもので、これ以上の解像度を持つ音源をハイレゾ音源といいます。いわゆる24bit96kHzのものがハイレゾ音源では多いですね。


bit depth(ビット深度)はオーディオにおいては、音の強弱の幅、つまりダイナミックレンジの深さを示します。kHzはサンプルレート、一秒間をどれくらい分割しているか?

ということで同時にシャノンの定理により、記録できる周波数の範囲がkHzで決まります。

(CDの44.1kHzは人間の聴覚をカバーしているという根拠です。)


それぞれより大きいほうが情報量、デジタル処理の細かさは増します。

逆にこのCDクオリティからさらに情報量を差し引いたものが,MP3、AACなどの圧縮音源です。

これらはPCMという方式ですが、DSDという、さらによりリアルに記録する方式もあります。

(生音系の録音再生には最高のフォーマットです。)



ハイレゾの"強み"とは

情報量が多いので、奥行きがあったり、各楽器の音がはっきりしていたり、全体がやわらかくて聞き疲れしにくかったりなどあります。低音、高音がCDなどより余裕を持って感じられます。


あとマスタリング時に過剰にコンプをかけなくても良くなります。

アンプやスピーカーの性能を生かすことができます。オーディオ愛好家的にはここが重要ですね。

マスタリングでコンプがあまりかけられていない音源をアンプのボリュームを上げて聴く!

(市販のCDだとアンプやスピーカーの性能依存を減らすために強めに音圧が上げられています。音源の時点で、音圧があればアンプの性能差による音質変化が少なくなる、という考え方によるもので一概に間違っているとは言えません。)



音が違うことは確か。

まず90年代初頭のCD現在のCDでは、音圧は別として音のクオリティが全然違います。

これは聞き比べれば明白です。(今聴いても遜色ないものもありますし、コンプで潰されすぎてない分、逆に90年代のものの方がレンジ広くね?というものもあると思います。)

これはエンジニアがデジタルオーディオに不慣れだったということも

デジタル技術が不完全だったからということもあると思います。

『デジタルは音が変わらない』というのは、かなり乱暴な言い方なのでやめましょう。


よく『どーせ俺そんな耳良くないし!』という意見もありますが、

きちんとした機材と、あとその情報量に対する『慣れ』さえあれば

違いは誰にでもわかる、というのが自分の考えです。


あとはそれなりの機材をそろえられるどうかの各人の予算しだいでしょう。

そして投資に見合うだけの違いがあるのか?という話にもなるわけですが。

難しい問題ですが、個人的にはそこそこの機材で十分効果あると思うんですけどねー。

Kシステムの創始者である、Bob Katz(ボブ・カッツ)氏いわく

性能のよいD/Aコンバータであれば、44.1kHzも96kHzも差はほとんどなくなる、とのことですが

そういう機材は値が張るでしょうね・・・。

高すぎず、安すぎずという範囲ではハイレゾの方がいい!という判断をしてよいと思います。


ではハイレゾであれば、必ずしもよいのかというとまた違うという話になります。



良い悪いは別として。質感の差。

音がよい悪い以上に、44.1kHzと96kHzではまず音の質感がかなり違いますので

そのフォーマットにあった調整、及び音作りが必要になります。

確かに重要な要素ではあるけれども、

数ある音のクオリティを決める要素のうちの一つと考えるべきです。

(特にサンプルレート。bit数は大きいに越したことはない。)

つまり音の質を決める絶対的な要素ではない、ということです。



今回のシュガーベイブのマルチトラックテープは、そもそも48kHzで

デジタル化されていたようなので48kHzのままの方が、

音の質感は変わらないということだと思いますし

そもそも、アナログ録音といえどもこのアルバムのレコーディングで使用されたのは

そんなに高級な機材でもないので(失礼な!)

やや粗いサウンドに96kHzだと広すぎる、ということなのでしょうか。



< アナログからデジタルへ >

古いロックやポップスをデジタル化する場合、そもそものアナログマスターテープを

高い解像度でデジタルデータ化、取り込んだ方が当然よい音になります。

よい音というのは、そもそものアナログテープの音に近い、という意味です。


勘違いされがちですが、オープンリールとも言われるアナログテープのサウンド

クオリティは実はかなり高く、アナログなりのクリアなサウンドだったりします。

もちろんテープ特有のヒスノイズはありますが。

そのオリジナルテープに近い音質を得るためには

より高い解像度でのデジタル化はある意味必然です。

アナログからデジタルへと変換する最初の部分なので

ここでより多くの情報を獲得しなければならないわけです。



CD化する場合は、そうしたハイレゾ音源をCDフォーマットに変換するわけです。

昨今のリマスター音源の音質の著しい向上はここら辺にあります。

リマスタリングについてはこちらの記事で解説してます。

< デジタルからデジタルへ >

現在のデジタルでの制作環境では、32bit44.1kHzや32bit96kHzでのあるいはそれ以上の

ハイレゾフォーマットでの制作が主流になっています。そうした場合は

最終的な音源が、24bit44.1kHz以上のフォーマットであるほど

製作者の意図した音に近いのは言うまでもありません。


逆に16bit 44.1kHzで録音、ミックスしたものを単に24bt96kHzに

アップコンバートしたからといってハイレゾだー!!ということにはなりえません。

個人的にリマスターが出てない古いCD音源を自分で
32bit44.1kHzにアップコンバートしてDAWでリマスタリング!
とかはやってますけどね。これは効果あります。


ミュージシャンがスタジオで聞いている音にできる限り近づける、という

面においてはハイレゾ音源の意義が間違いなくあります。



まとめ

ハイレゾ音源は決してオカルトなモノではなく、きちんと意味があります。

しかし、絶対的なものではなく

ハイレゾフォーマットにふさわしい、録音、音作りが必要になります。

生楽器中心の音楽は、特にその恩恵が大きいです。

個人的には、もうクラシックとかジャズはもうハイレゾでしか

聴きたくないなぁ、と思います。


そして、ハイレゾ音源を鳴らしきるそれなりのオーディオ機材があってはじめて

その真価を発揮します。

きちんとしたハイレゾ音源であれば、そこまで高価な機材でなくても

ハイレゾの恩恵はあると思います。


まあ最初はCDで聞いたあのアルバムをより良い音で聞きたい!というところから

始めるぐらいのものでいいんじゃないでしょうか。

なおデジタルオーディオについて詳細に学びたい方は

『デジタル・オーディオの全知識』  柿崎景二 著

がお勧めです!!


miur-us Logには、音楽制作に関する様々な記事があります!ぜひ!



miur-us.com

新たなる時代と新しいサウンドを。

0コメント

  • 1000 / 1000