洋楽と邦楽の「音」の差についての考察。サウンド作りの違い。

曲は別として、なんであんなに音が違うの?って思ったことないですか?というわけで、"サウンド"の差から洋邦楽の違いについて考察します!



はじめに

まず初めに言いたいのは、今回考えるのは「サウンド」の差についてであって、

クオリティの差についてではありません。


どちらともすばらしい曲を書く人がいるということ。

どちらが好きかは人それぞれであること、が前提なので!



洋邦における決定的な違い

なぜ邦楽のCDは洋楽のCDと比べて音がショボく聴こえるのか?

意外とタブーになってますが、けっこう多くの人が疑問に思っていると思います。

なお『ショボイ』という言葉をどう捉えるべきか?ということですが、
特にポップミュージックにおける、音圧感や音色などの“音”としての
楽しさ、華やかさ、面白さが足りない、というニュアンスです。


これは自分が中学の頃から洋楽を聴き始めるようになって

率直に思ったことであり、エンジニアリングをなぜ勉強しようと思ったのか

ということに繋がります。

自分で出来るかはともかく、同じ機材も使っているだろうに

なぜあんなに違うのか、それなりにわかるようになったつもりです。


中学生の頃の感覚は決して間違っていなかったと思いますし、

おそらく洋楽を好んで聴く方は、かなり意識的に感じていることだと思います。



オーディオにおける“サウンド”の解釈

まず音ということで言えば、生楽器であろうが電気楽器だろうが

オーディオだろうが、振動が空気を伝わって聴こえてくるものであり、

物理現象という意味では全部同じことです。


ただしオーディオにおける“サウンド”とはあらかじめ録音されたものであり、

そしてそれらは修正、編集、加工が可能です。

そもそもは生音に近づけるための加工を拡大解釈したらどうなるでしょうか?

元々音量を調整するためのものであるコンプレッサーを

音が歪んでしまうまで掛けるとしたら。

あるいは音を原音の音質に戻すためのEQのノブを

それ以上にまわしてしまったら・・・。


正直、ジャンルによって“サウンド”は異なりますし、一言ではなかなか説明出来ないのですが

聴覚ではなく、より分かりやすい視覚的な問題に置き換えて表現するならば、

そのサウンドの差は、


日本人はオーディオを写真のように捉えており
西洋人はグラフィックアートのように捉えている。


という意識の差によるものだと考えられます。



手段か?目的か?オーディオとは?

まず気を付けなければならないのは、方法論としては

どっちが優れているかというのは、単純には決められないということです。


まず写真というものは、ありのままの様子を写そうとします。

まさに目で見たとおりのものをそのまま記録に残そうとします。

しかし、ありのままがいいとは必ずしも言えないこともあります。

かつ写真写りが悪いこともあります。

必ずしも人間の印象を反映するとは限らないし、
機械の性能的限界があるということです。


現在では当然のように写真はデジタル修正、調整されます。

撮る人のセンスというものは確実にあり、記録ではあるんだけども

主観が反映される、ある程度の範囲では手が加えられることがある、

というものが写真だと思います。

日本人にとってはオーディオはあくまで音を録音するための

手段である、という側面が強いのではないでしょうか?



反面、グラフィックアートであるならば、必ずしも写実的である必要はなく

遠近法などの平面上に空間や立体をリアルに表現しようとする技術もありますが、

なにより心象を反映させることができる、という点が大きいのではないでしょうか?


どんどん加工していく、デフォルメしていくことのできるスタイルです。

オーディオだからこそ出来る音響効果を積極的に利用することで、

ありえない音体験を創造する!と言えるかなと。

ただし例えばEDMを聴いて育った世代はむしろ加工されまくっていることが普通、
という感覚になるのだろうと思います。



分かりやすいのがゴッホなどの印象派による風景画ですかね。

リアルではありません。しかし我々は独特な色使い、筆使いによって描かれる

その絵に心動かさぜるをえません。

実際あんな風に景色が見えてたらヤバいですけどね(笑)



いかに忠実に記録するか?
いかに受け手にイメージを想起させるか?

『オーディオ』という技術への解釈が違う、ということなのだと思います。

記録のための技術であるか?手段なのか?

あるいは工芸品なのか?それ自体が目的か?

その二つの側面の比重が違うのかな?と自分は考えています。



結論

つまり、自分なりにこの二つの方法論を比較するならば、

写真というものは結局は、そのものをその場で見るという感動には到達できないように

思いますし、(行くのが困難な場所の写真は確かに壮観で、価値のあるものだと思いますが。)

同じ風景であるならば、画家の積極的な解釈によるデフォルメの効いた

風景画が面白いのかなぁと。


つまりはそれを過剰演出であると思うか、それとも写真のような絵をつまらないと思って

しまうのか、ということだと思います。つまり人ぞれぞれ!ということです。


ただ繰り返しますが、写真はもはやスマフォがあるので、誰でもカメラマンとはいえ

撮る人のセンスの影響が大きいです。ハイセンスの人の写真は確実にいいわけで。

オーディオでいえばマイクの置き方ですかね。

置き方でだいぶ音変わりますからねー。



あくまでひとつの捉え方ですが、

そのような考え方の違いが、日本人のmixと欧米人のmixとの間にあるということです。

すこし抽象的な話になってしまいましたが、近いうちに具体的な技術的な解説が

出来ればいいなぁと考えています。



miur-us Logには、音楽制作に関する様々な記事があります!ぜひ!



miur-us.com

新たなる時代と新しいサウンドを。

0コメント

  • 1000 / 1000